勉強

憧れの理学療法士になるには|気になる学費を調べよう

状況にあった学校選び

婦人

費用を比べてみよう

理学療法士の専門学校へ行きたいと思った時、3年制の学校がいいか4年制の学校がいいのか迷っている方も少なくありません。そのような方は、学費の問題からどのような違いがあるのか検討してみるといいでしょう。理学療法士の専門学校へ行く場合、1年あたりの授業料や3年制の方が安いと思っている方もいますが、実際には逆です。3年制の学校の方が、1年で学ぶ量が増えるため、その分1年あたりの学費は高くなります。一方で4年制の場合には、1年あたりの費用は安くなりますが、トータルで4年間支払う必要がある点を把握しておきましょう。また4年制の場合、1年間ごとにじっくりと学ぶことができるため、時間をかけて基礎から学びたい方に向いています。

バイトをしたいなら4年制

理学療法士を目指す時、学費の工面が難しいので3年制を選ぼうと思っている方もいますが、必ずしもそれがベストな考え方とは限りません。例えば生活費を稼ぐために、理学療法士の学校へ通いながらアルバイトをしたいと考える方もいます。そのような時、3年制の学校だと1日1日がハードなため、アルバイトの時間を確保するのが難しくなります。一方で4年制の学校であれば、余裕を持って学習に取り組めるため、アルバイトの時間も確保しやすいのです。また卒業後の進路を考えた時に、4年制の学校を出たほうが初任給が高いというのもポイントの1つです。学費については奨学金を利用することもできるため、そういった事情も踏まえて、自分に合った選択肢を選べるように工夫しましょう。

医師の事務作業を補助する

ウーマン

医師事務作業補助とは、医師の指示によって事務作業を行う仕事です。この仕事には、いくつか民間の資格があるので取得すると良いでしょう。受験には、教育訓練や実務経験を行なうことが大切なので、計画的に勉強を進めていきましょう。

もっと読む

一発合格すること

笑顔のナース

高齢化によって病院の役割が増え、看護師の役割も増しています。近年では、男性看護師も増えており、養成学校での割合も少しずつ増えています。資格取得に向けては、養成学校での対策が充実しているかどうかが大きく影響します。模擬試験や試験対策講座、オンライン学習などの学習環境が整う学校選びが理想的です。

もっと読む

よく見かける接骨院には

施術

脱臼や打撲でお世話になる柔道整復師ですが、接骨院の数と合わせてその数は急増しています。国家資格であるので収入も安定しており、脱サラして目指す人も多く、受験資格を得るための養成施設も次々と作られています。

もっと読む