一発合格すること|憧れの理学療法士になるには|気になる学費を調べよう
ドクター

憧れの理学療法士になるには|気になる学費を調べよう

一発合格すること

笑顔のナース

男性も増加傾向

原則として、看護師になるためには、養成学校となる大学や短期大学、専門学校に3年以上通学し、資格取得をしなければなることはできません。高齢化に伴い、病院が担う役割はますます増えており、病院業務の中心的な役割を果たす看護師の役割もまた大変重要になっています。就職の道が開かれていることから、男性が看護師の資格取得にチャレンジするケースも増えており、養成学校での男性の割合も徐々に増えています。しかしながら、男性の割合は10%程度であることがほとんどで、女性の割合が圧倒的に多いことは知っておかなければなりません。中には、女性のみしか入れない養成学校も見られますから、注意を要します。ただ、現場では男性看護師の存在意義はたいへん大きく、力仕事の多い現場などでは力を存分に発揮することができます。

学校選び学校での生活

看護師の資格取得に向けては、養成学校における試験対策が充実しているかどうかが、結果に大きく影響してきます。1年次から資格取得に向けた対策が行われているような学校を選択することで、合格への道がより確実になります。具体的には、模擬試験の実施や看護師試験に照準を絞った講座が行われていることが基本で、オンライン学習など自宅でも学べるような環境があるとさらに理想的です。一般的には、養成学校を卒業してから現役で合格する可能性が最も高く、学校卒業からの時間が経てば経つほど取得が不利になる傾向が見られます。したがって、在学時代には、アルバイトよりも資格を取得するための勉強をしっかりこなすことを優先させるべきと言えるでしょう。看護師資格を取得しておけば、就職だけでなく、転職にも大変有利となりますから、目先の楽しみよりも将来を優先させましょう。